JR掛川駅南口より徒歩2分、東名掛川インターより車で3分 

        静岡、浜松、磐田、菊川など多方面へのアクセスが便利な好立地

◆観光のご案内

掛川城

 戦国時代には東海道を扼する遠江国東部の中心、重要拠点だった掛川城。大河ドラマ「功名が辻」でも有名となった遠江の名城。主人公、山内一豊は、ここから関ヶ原の合戦に馳せ参じ、武功が認められ、土佐一国の当主まで出世していきました。

ホテルからは、朝のお散歩に丁度いい徒歩約10分です。

掛川花鳥園

 たくさんの花と緑、鳥たちとふれあうことのできる、全天候型テーマパーク。檻の中の鳥を見る従来型の動物園とは異なり、大温室で放し飼いにされている鳥たちと直に触れあうことができます。

ホテルからは徒歩3~4分です。

掛川駅南地区祭典

 毎年10月に行われる祭典。「そらやれ」の掛け声とともに、各町、勇壮な御殿屋台を引き回します。 祭りの花、屋台同士のすれ違いの際に行われる手木合わせ(てぎあわせ)と徹花(てっか)。ホテル目の前の交差点では、駅南地区10町合同による徹花が行われ、その荒々しさ、迫力は、一見の価値ありです。

小笠山総合運動公園エコパ(エコパスタジアム・エコパアリーナ)

 トップアスリートによる熱戦が繰り広げられる、県下最大級5万人収容のエコパスタジアムや、様々なアーティストによるライブが行われるエコパアリーナなど、広大なスポーツパークです。

ホテルからは車で約10分です。

つま恋

 APバンクやミニサッカー大会などの各種イベントや、乗馬・アーチェリーなど、自然、音楽、スポーツが一体となった総合レジャー施設です。一日遊んでたくさん汗をかいた後は、つま恋温泉「森林の湯」で疲れた体を癒やすのもオススメです。

ホテルから、つま恋南ゲートまでは車で約10分です。

遠江国一宮小國神社

(とおとうみのくに いちのみや おくにじんじゃ)

 遠州地方の森町一宮、奥宮でもある本宮山の山麓より湧きいずる宮川のほとりに、太古の森を思わせる参道があり、奥に進むと、厳としてたたずむ本殿見えてきます。 1,400年余の歴史を有し、徳川家康をはじめ、多くの武将のから信仰を賜り、遠江國一宮として古くから親しまれております。

秋には周りの木々が紅く染まり、紅葉の見どころとしても有名です。

ホテルからは車で約40分です。

法多山尊永寺

 法多山は、寺号を尊永寺と称し、高野山真言宗に属し本尊正観世音菩薩は俗に厄除観音として知られています。神亀2年(725)、聖武天皇の勅命を受けた行基上人は大悲観音応臨の聖地をこの地に探し求め、自ら刻んだ本尊観世音菩薩を安置したのが縁起といわれています。

 春夏秋冬、四季折々に表情を変える法多山の景観を楽しみながら、法多山名物「くし団子」を味わってみるのはいかがでしょうか。ホテルからは車で約15分です。

事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)

 掛川のパワースポット。東海道沿いにあって、難所であった小夜の中山の西側の麓にあたることや、「ことのまま」の名が「願い事が意のままに叶う」の意味を持つことから、多くの人が旅の安全や願い事成就を祈るため立ち寄ったと言われています。境内には天然記念物の大楠が、また、本殿脇には御神木の大杉が顔をのぞかせています。

ホテルからは車で約15分です